トップページ 会社案内 商品一例 お肉の豆知識 店舗案内

牛肉の各部位の特徴とそれに適したお料理のご紹介

 
番号 部位名 特徴 おススメお料理
1 肩肉 ややかたく脂肪が少ない赤みの肉。
うまみ成分が豊富なため味は濃厚で
エキス分やゼラチン質が多いです。
しゃぶしゃぶ
カレー
シチュー 等
2 肩ロース 脂肪が適度にあって風味の良い部分。
薄切りにして使うことをお勧めします。
すき焼き
しゃぶしゃぶ
炒めもの 等
3 リブロース 肉質が良く脂肪分が適度にあるためやわらかい部位です。肉のキメが細かく風味も良いです。
すき焼き
ローストビーフ
ステーキ 等
4 サーロイン 霜降りになりやすく最高の肉質です。
やわらかく風味が抜群。
1cm以上の厚切りにして焼くと肉汁が逃げません。
ステーキ
焼肉
すき焼き
クリーム煮 等
5 ヒレ肉 キメが細かく、とても柔らかな部位です。
脂肪が少なくあっさりしています。
加熱しすぎると固くなるので注意が必要です。
ローストビーフ
タタキ
ステーキ 等
6 ランプ肉 風味があり、味に深みがある赤み肉です。やわらかく、キメが細かいです。

網焼き
煮込み料理
バター焼き
つくだ煮 等

7 外もも キメがやや粗く固めの部位。
脂肪が少なくスジが少し多いです。
ロースト類
ステーキ
タタキ 
ビーフカツ 等
8 内もも肉 キメがやや粗く、やわらか。
肉の部位の中で最も脂肪が少ない赤みの肉です。
ステーキ
焼肉
ローストビーフ
煮こみ料理 等
9 すね肉 スジが多く固いですが、煮込むとやわらかくなり旨味が出ます。 ポトフ
煮込み料理 等
10 しんたま キメが細く柔らかで脂肪は少なめ。
あっさりしてます。
ローストビーフ
シチュー
焼肉
ビーフカツ 等
11 バラ肉 赤みと脂肪が層になった脂肪が多い部位。
肉質は固めでキメが粗いが、濃厚で
風味があります。
シチュー
煮込み料理 等

・張り(弾力性)があり、ツヤがある。

・肉色が鮮やかできれい。

・しっとり感がある。

・完全に赤身となった肉よりも、多少霜降りの入った肉がよい。

・鮮度の劣化したものがまじっていないか確認。

・肉のまわりの脂肪が変色していないものを選ぶ。

・脂肪の色が白い物がよい。

・脂肪がボロボロ、バサバサになっていたり黄色くなっているものは避ける。